塗装をお考えの方へ

新築後の塗装のタイミング

塗り替えるなら、いつ?

新築後の塗装のタイミング

新築の家は、住みはじめた瞬間に「中古住宅」へと変わります。
しかし、汚れたり傷んだりしているのが何となくわかっていても、いざ塗り替えを考えるとなると、「いつ塗り替えればいいの?」と悩んでしまう方、「きっとまだ大丈夫でしょ!」と先延ばしにしてしまう方も多いようです。

では、住まいにとって最適な塗り替えのタイミングとはいつなのでしょうか。

塗り替えの目安

塗り替えの目安

ひとつの目安は、「新築後10年」です。
しかしそれはあくまでも目安であって、環境や素材、施工状況などによってはそれよりも早く塗り替えが必要になるケースもあります。
次のような症状が現れたら要注意。
塗装の傷みが原因で内部構造にも影響が出始めているサインなので、できるだけ早めに外壁の塗り替えを検討しましょう。

劣化の要因

環境 交通量が多い幹線道路の近くや海の近くでは劣化が早まります
素材 木造住宅とコンクリート住宅では劣化の早さが異なります
施工状況 塗料の質や塗装の丁寧さなどで劣化の早さは異なります

簡易塗り替え診断チェックリスト

塗装業者の選び方

大切なお金を払って公開したくない

塗装業者の選び方

塗装の仕上がりには塗料も関係しますが、それ以上に職人の技術が大きくかかわってきます。
外壁塗装・屋根塗装などにかかる費用は、決して少なくありません。
大切なお金を払って大事な家を任せるのですから、しっかりと丁寧な施工をしてくれる塗装業者を選びたいものですよね。
こちらでは、そのためのポイントをご紹介します。

POINT01 外壁診断をしてくれる

POINT01 外壁診断をしてくれる

上記のチェックポイントに当てはまる点があったら、外壁のプロに外壁診断をお願いしてみることをおすすめします。
同じひび割れでも、原因が塗装の傷みの場合もあれば、その奥の構造自体にある場合もあるからです。
もし構造が原因なら、いくらいい塗料で塗り替えをしても解決しません。
プロでなければわからないポイントがありますので、事前に外壁や建物の診断・調査をしてくれる会社を選びましょう。

POINT02 十分な説明がある

POINT02 十分な説明がある

外壁診断の結果の説明ももちろん必要ですが、それ以外にも塗装には使用する塗料の特性や施工方法など、一般の方にはわかりにくい点が多々あるもの。
丁寧な説明によってお客様の疑問や不安をきっちり解消してくれる業者だと安心です。
説明の中でご要望をきちんとおうかがいすることで、仕上がりがお客様の理想により近づくというメリットもあります。

POINT03 保証体制が整っている

POINT03 保証体制が整っている

一部でも塗装に傷みが出てしまうと、ゆくゆくは家全体の“健康”を損なってしまうことにつながります。
そのため、万が一に際して保証体制が整っていることも大切なポイントです。
業者を選ぶ際には、どの塗料やどの施工にどんな保証が付いているのかを必ず確かめましょう。

グレロホームにご相談ください

グレロホームにご相談ください
熊本県で外壁塗装・屋根塗装などを手がける「グレロホーム」では、塗装の品質はもちろん、マナー面や対応面の教育も徹底し、施工だけでなくサービス全体でご満足いただけるように努めています。
外壁診断・現地調査にも無料で対応。
ご成約前のお打ち合わせ時には提案内容やお見積もり内容に関して丁寧にご説明させていただきます。
すべての塗料には保証をお付けしており(最長10年)、問題が起こった場合も迅速に駆けつけて対応しますのでご安心ください。
まずはお気軽にお問い合わせください!