コンテンツ

防水塗料ECシリーズ

防水塗料ECシリーズ

EC-5000PCM(IR)は「伸びる塗料』。

伸縮する塗膜が水の浸入を防ぎます。

EC-5000PCM(IR)は、外壁用防水塗料で約600%の伸縮率があります。一般塗料では、外壁にひびが入ると塗膜も一緒に裂け、 水が建物内に浸入してしまいますが、EC-5000PCM(IR)はこの伸び縮みする性質により、ひび割れに塗膜が追随し、水が浸入する隙間を作りません。

さらに、EC-5000PCM(IR)は雨水の最大の浸入経路「目地部」を「水の浸入から守ります。

シーリング材の上にシリコン、フッ素、無機塗料などの硬質の塗料を施工すると、目地の動きに追随できず、塗膜にひび割れが生じます。ひび割れ箇所からシーリング材に亀裂が入り、切断されると、水の浸入経路ができてしまいます。対してEC-5000PCM(IR)は目地の動きに塗膜が追随するため、ひび割れは発生しにくく、水を浸入させません。

“水”は建物の様々な劣化の原因となります。だからこそ、建物を守るには防水が非常に有効です。

外壁からの雨漏れは、住宅リフォームで最も多い不具合です。

不具合を防ぐためには「防水」は非常に重要と言えます。

外壁用塗料に防水性に優れた塗料を選ぶことで、不具合の発生を未然に防ぐことができるのです。


水の浸入は住宅の寿命を縮めます。

外壁にひびは入っていませんか?幅0.3mm以上のひびは「構造クラック」と呼ばれ、外壁材の裏面まで貫通している可能性があります。小さなひびに見えても、

水は毛細管現象でどんどん浸入します。水は建物内部を腐食し、カビの繁殖により人の健康を害することもあります。放っておけば大掛かりな改修が必要となってしまうことも。


防水という、”建物を保護する”メンテナンスで、 住宅の寿命を大幅に伸ばすことができます。

日本の住宅寿命の平均は約30年。イギリスと比べると著しく短いことが分かります。その理由は、欧米では住宅を半永久的資産と考え、大切にメンテナンスをしているから。

日本の住宅も、早期に適切なメンテナンスで劣化要因を防ぎ、劣化箇所をきちんと補修すれば、寿命を伸ばすことができるのです。